我が家の見直し 耐震チェックポイント

以下10項目のうち、3つ以上あてはまった場合は大地震が起こった時に
倒壊する可能性があります。
早めに当社営業担当者にご相談ください。

  • ☞ 建てたのが1981(昭和56年)年5月より前である。

    1981年6月に建築基準法が改正され耐震基準が強化されたことにより、1981年以降に建てられた建物は耐震能力が高いと言えます。しかし、それ以前に建てられた家は、現在の耐震基準から見ると不十分な性能のものが多く、強い地震が来れば、大破・倒壊などの大きな被害を受ける恐れがあります。

  • ☞ 今までに大きな災害に見舞われたことがある。

    床下浸水・火災・車の突入・地震・崖上隣地の崩落など、災害に遭遇したことはありませんか?その時は修復で難を逃れたとしても、外見だけでは分からないダメージを蓄積している可能性があります。

  • ☞ 増改築をしたことがある。

    増築時に、壁や柱の一部を撤去していませんか?既存部の適切な補修・改修、増築部との接合をきちんと行った上で増築したかどうかで、地震による被害の大きさは変わってきます。

  • ☞ 大きな吹き抜けがある。

    外見は形の整っている建物でも、一辺が4mを超える大きな吹き抜けがあると、地震時に建物がゆがむ恐れがあります。

  • ☞ 建物の平面が複雑な形をしている。

    1階の平面形状が長方形に近いほど地震に対して強い形とされており、逆に、L字型、T時型、コの字型など複雑な形になるほど耐震性は低くなります。

    耐震性を高めるには、凹凸の部分を「補強する」以外にも、「増築する」ことで凹凸を減らす方法もあります。壁のバランスが良くなり、耐震性が向上します。

  • ☞ 老朽化白蟻の心配がある。

    屋根の棟・軒先が波打っている、床や柱が傾いている、建具の建付けが悪くなっている、と感じたら老朽化が進んでいると判断されます。また、土台をドライバー等の器具で突いてみて「ガサガサ」となっていれば、腐りや白蟻の被害が予想されます。

  • ☞ 2階が1階よりもはみ出している ところがある。

    2階の壁面と1階の壁面が一致していれば2階の地震力は1階壁に流れます。2階壁面の直下に1階壁面がなければ床面に大きな負荷がかかり、地震が起きた場合、床から崩れる恐れがあります。

    ■壁の配置バランス(立面)

    2階の壁の直下に1階の耐力壁を設置することで、力を無理なく伝えます。
  • ☞ 1階に窓が多い

    壁の多い部分は揺れが小さく、壁の少ない部分は揺れが大きくなります。また、南面に窓を多くとっているなど、建物4面のうち壁の配置が偏っていると、地震の際に倒壊しやすくなります。

    ■壁の配置バランス(立面)

    南側などの大開口部に耐力壁を設置してバランスを改善。
  • ☞ 瓦などの重い屋根葺材が使われている。

    和瓦や洋瓦はやや重いため、建物にはそれに応じた耐力が必要です。耐力の大きさは壁の量に比例するので、現在の1階の壁量で屋根の重さを支えられるかがポイントとなります。スレート、鉄板葺、など比較的軽い屋根葺材であれば問題ありません。

  • ☞ 基礎は玉石に柱を束立てたものである。

    鉄筋コンクリートの布基礎・ベタ基礎・杭基礎のような堅固な基礎は非常に頑強ですが、昔の木造住宅に見られる、玉石に束立てしただけの基礎は、大きな揺れに対して建物を支える力が弱く、すぐに倒壊してしまう恐れがあります。