リノベーションって何?

リノベーションって何だろう?

既存の家 リノベーション後の家

リノベーションとは

既存の建物に大規模な工事を行い、住性能を高めたり間取りを刷新することで快適な住まいに再生させること。新築時の状態に戻すことが目的ではなく、機能やデザインを向上させ住宅の価値を高めることを前提としています。

「リフォーム」と「建て替え」とは、どう違うの??

リフォームとは

部分的に修繕

老朽化した建物を部分的に修繕し新しくすること。

建て替えとは

取り壊して新しく建て替える

既存の建物を取り壊して新しく建て替えること。

ポイントつまり、活かせるものは活かしながら改修し、既存空間よりもより良くするのがリノベーションです。

リノベーションを選ぶメリット

ポイントリノベーションの最大の魅力は、愛着のある家を残しながら自分らしい暮らしができること。

環境にもやさしいリノベーション

建設と再生のCO2排出量比較(RCの場合)

リノベーションは、環境への負荷が少ないことも大きな特長です。例えば、CO2排出量は建て替え工事に比べて33分の1とわずか(右図)。既存の建物を活かして改修工事を行うため、廃棄物の排出も22分の1で済み、資源の節約に直結します。リノベーションは次世代を見据えた選択肢なのです。

出典:
「コンバージョン[計画・設計]マニュアル」松村秀一監修
「コンバージョンの資源循環型社会への貢献」
佐藤考一/鈴木香菜子(エクスナレッジ)